決済代行会社とは|導入するメリット、選定ポイントを解説

決済代行会社の役割って?仕組みや導入のメリットを解説

ECサイトの購入手続きの過程において、重要な役割を果たすのが決済機能です。

オンラインで商品を販売する場合、決済もオンラインで行うことになりますが、決済システムをすべて自社で管理しようとすると、手間もコストもかかってしまいます。

また、セキュリティの面でのリスクも高くなるため、決済機能については、決済代行会社が提供するサービスを活用するのがおすすめです。

この記事では、

  • 決済代行会社の役割・仕組み
  • 決済代行システムを導入することで得られるメリット
  • 決済代行会社を選ぶ際のポイント

等について解説します。

目次

決済代行会社とは (役割・仕組み)

決済代行会社は、クレジットカード会社をはじめとした金融機関と、カード決済を導入したい加盟店 (ECサイトやネットショップなど) を仲介する役割を担っています。

ECサイトを運営する上で、オンライン決済の導入は必要不可欠です。

オンライン決済には、

  • クレジットカード決済
  • 銀行口座振替
  • コンビニ決済

など、様々な決済方法がありますが、その中から自社に最適な方法を選んでシステムを導入することになります。

その際、導入した決済方法を効率的に運用していくサポートをしてくれるのが、決済代行会社です。

決済代行会社を利用しない場合のデメリット

決済代行会社を利用しない場合のデメリットは、下記の通りです。

  1. 決済システム導入の手続きや審査に手間とコストがかかる
  2. 顧客の個人情報を自社で管理しなくてはならない
  3. それぞれの決済システムに応じたリスクが発生

具体的なデメリットについて詳しくみていきましょう。

デメリット①:決済システム導入の手続きや審査に手間とコストがかかる

一般的には、実店舗でもネットショップでも、クレジットカード決済を導入するためには、カード会社の審査を受ける必要があります。

その審査を通過できれば加盟店となり、クレジットカード決済を導入できるようになります。

しかし、実際には複雑な手続きセキュリティ対策を行っている旨の証明などが必要になりますし、審査も厳しく、容易に加盟店になることはできません。

さらに、クレジットカードのブランド (VISA、マスターカードなど) ごとにこの手続きや審査を繰り返すことになるため、大変な労力がかかります。

必要な書類や審査の基準はブランドごとに異なり、審査にかかる時間もまちまちで、すべての手続きを管理するのも大変です。

デメリット②:顧客の個人情報を自社で管理しなくてはならない

無事に各ブランドの審査が通ってクレジットカード決済が使えるようになったとしても、顧客の個人情報を自社で管理しなければなりません。

個人情報の管理が甘く、情報漏洩などのトラブルが起きてしまった場合、会社やブランドの社会的信用の損失、ユーザーへの莫大な賠償金の発生など、様々な損害を受けることになります。

デメリット③:それぞれの決済システムに応じたリスクが発生

クレジットカード決済以外の決済方法を選んだ場合にも、それぞれのシステムに応じたリスクが発生します。

例えば、顧客から人気の高い「後払い決済」を導入した場合、代金が支払われない可能性が常につきまといます。

売上が得られないだけでなく、未回収の代金を督促する業務が発生し、その分のコストがかかってしまうのです。


つまり、決済代行会社を利用しない場合、オンライン決済に関するあらゆる業務を自社で行わなくてはなりません。

販売に集中するためにも、決済機能については決済代行会社を利用するのがおすすめです。

決済代行会社を利用するメリット

決済代行会社を利用する場合のメリットは、下記の通りです。

  1. 複数の決済システムをスムーズに利用できる
  2. 手数料の比較や検討・交渉を依頼できる
  3. 決済に必要な端末やシステムの用意が不要となる

ここからは、決済代行会社を利用するメリットについても、より具体的に掘り下げていきましょう。

メリット①:複数の決済システムをスムーズに利用できる

主要なクレジットカードのブランドの審査をクリアしている決済代行会社のサービスを利用すれば、自社が行う契約は一度で済みます。

審査基準も、ブランドによって変わるようなことはないため、何度も同じ手続きを繰り返す必要はありません。

顧客側からしても、様々なクレジットカードのブランドを選ぶことができるため、大きなメリットを享受できます。

また、ECサイトでは複数の決済方法を導入するのが一般的で、クレジットカード決済以外にも、

  • QRコード決済
  • 電子マネー
  • コンビニ払い
  • 後払い決済

など、様々な決済方法があります。

そしてそのすべてにおいて、複数の会社と契約手続きを行うと考えると、気が遠くなりそうな作業です。

ですが、決済代行会社を利用すれば、各社との手続きを一任することができます。

煩雑な作業に時間や手間を取られることなく、複数の決済システムをスムーズに利用できるようになります。

メリット②:手数料の比較や検討・交渉を依頼できる

近年広く普及しはじめたキャッシュレス決済ですが、手数料は決まった金額というわけではありません。
決済機関によって、手数料の額は異なります。

できるだけコストを抑えるためには、手数料が安価な決済機関を選びたいところですが、各社の手数料を比較・検討したり、直接交渉したりするのは大変です。

決済代行会社を利用していれば、手数料の比較や検討、交渉などの業務も依頼することが可能です。

メリット③:決済に必要な端末やシステムの用意が不要となる

対面でクレジットカード決済やQRコード決済を行うためには、専用の端末が必要となります。

電子マネー決済も同様で、交通系ICカードやスマホをタッチして決済ができる、Felica対応端末を用意しなければいけません。

複数の決済方法を導入する場合、各サービスに対応している端末を揃えなくてはなりませんが、決済代行会社と契約していれば、専用端末を自社で用意する必要は無くなります

また、不正利用を防ぐため、クレジットカードでの取引にかかわる事業者は、強固なセキュリティ対策を徹底することが義務付けられています。

具体的には、

  • セキュリティ国際基準である「PCI DSS」に準拠していること
  • 不正利用対策として、ICカードに対応した決済端末を設置すること

が挙げられます。

自社で決済機能を用意しようとすると、法律で義務付けられているセキュリティ対策に必要なシステムについても、自社で準備しなければいけませんが、決済代行会社に依頼すれば、その手間を省くことが可能です。

決済代行会社を選ぶ際のポイント

最後に、数ある決済代行会社の中から、自社に合っている会社を選ぶためのポイントについて解説します。

ポイント①:希望の決済方法に対応しているか

決済代行会社は、各社それぞれ取り扱っている決済方法が異なります。

前提として、自社で導入したい決済方法を取り扱っている決済代行会社を選ばなければいけません。

また、決済方法そのものを扱っていたとしても、対応しているクレジットカードのブランドや会社が限られているケースもあります。

クレジットカード決済であれば、クレジットカードのブランドが限られていることがありますし、
キャリア決済であれば、一部のキャリアにしか対応していないこともあります。

他の条件等が魅力的であれば、複数の決済代行会社と契約することももちろん可能ですが、システムの管理の手間が増えてしまうため注意が必要です。

ポイント②:決済システムを導入する費用

決済代行会社を利用する際にかかる費用は、大きく分けて、

  • 初期費用
  • 月額固定費
  • 決済手数料

3種類です。

初期費用

決済システムを導入する際にかかる設定費用や、導入サポート料金などです。

月額固定費

利用された件数を問わず、毎月発生する固定費用です。
具体的には、決済に必要な周辺機器やシステムの利用料などが、月額固定費にあたります。

決済手数料

決済が1件発生するごとにかかる手数料です。
ECサイトのように、オンライン決済が行われる場合は、さらにデータ処理に関する手数料も加算されます。

費用の種類や内容そのものは、多くの決済代行会社で共通していますが、費用感については、会社ごと、またはプランごとに異なります。

各社のサービスを利用した際に発生する費用はどのくらいなのか、あらかじめ確認・比較して検討することが大切です。

ポイント③:セキュリティ対策・個人情報の取り扱い方に問題が無いか

決済代行会社では、クレジットカード情報をはじめ、顧客の個人情報を取り扱うことになります。

顧客の個人情報の流出や漏洩、不正アクセス等を防ぐためにも、セキュリティ対策に真摯に取り組んでいる会社を選ぶ必要があります。

また、セキュリティ対策自体は徹底されていても、個人情報の取り扱い方について問題があれば意味がありません。

チェックするべき項目を、以下にまとめました。

  • 一定の基準をクリアしている事業者にのみ付与される「プライバシーマーク」を取得しているかどうか
  • セキュリティ対策を徹底している証明となる「ISO27001 (ISMS認証)」を取得しているかどうか
  • クレジットカード情報の保護・安全を目的として作られた国際基準である「PCI DSS」に準拠しているかどうか

これらの項目をすべてクリアしている決済代行会社であれば、安心して利用できると判断してよいでしょう。

費用が安く済む決済代行会社の中には、プライバシーマークを始めとした認証を得ていない場合もあります。

コストはできるだけ抑えたいため、費用が安い決済代行会社は魅力的ですが、セキュリティ面含め、総合的に判断することが大切です。

まとめ

決済代行会社のサービスを利用すると、決済システムの利用に伴う各種手続き個人情報の管理セキュリティ対策など、さまざまな手間やコストを任せられるという大きなメリットを得ることができます。

自社の規模や運営方針と合う決済代行会社を利用し、ユーザーにとっても便利な各種決済方法をスムーズに導入しましょう!

\ D2C事業を総合支援 /

ジェネマーケは、D2C立ち上げ~Webマーケティング全般をサポートします!

  • 今後D2Cブランドを立ち上げたい
  • 集客が上手くいかない
  • Web広告販売に限界を感じている
  • 継続率が伸びずLTVに課題がある

上記に当てはまる企業様は、ぜひ一度ご相談ください

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

執筆者

ジェネマーケ編集部メンバーが不定期で更新します。
『D2C・EC通販』関連の情報・ノウハウから最新ニュースまで、分かりやすく解説します!

目次